2010年08月24日

ナガコロ現場便り:6/26〜石窯作り!中編

p2-19.jpg

さて前回は大量の耐火煉瓦を準備して、土台から作り始めた石窯作り続きです。
ナガコロ現場便り:6/20〜石窯作り!前編

【6月26日】先週に引き続きsominと岡ちゃんも駈けつけてくれました。


p2-18.jpg

本当に固まるのか心配だった厚さ3cmの焼き床パネルもカチカチに硬化してたのでひと安心。
耐火性能をもったコンクリートパネルです。
この面でピザやパンを焼きます。


p2-17.jpg

先週に引き続きsominがディスクグラインダーで耐火レンガをカッティング。


p2-16.jpg

焼き床パネルを嵌めこむ耐火レンガ。


p2-15.jpg

その耐火レンガを積むためにアサヒキャスター(耐火モルタル)を水で練ります。


p2-14.jpg

3段分の耐火レンガを積みました。焼き床パネルの受けとなる部分。


p2-13b.jpg p2-13a.jpg

火床からの熱を通すため、焼き床パネルをこのようにカットします。
これが仕切りになり2層式の石窯になります。

ディスクグラインダーを使用してカッティング。


p2-12.jpg

火床の奥部分に耐火レンガを積み、焼き床パネルの補強材とします。


p2-11.jpg

上部に焼き床パネルをのせて、隙間に耐火モルタルを注入して完成です!


p2-10.jpg

火床の内部です。奥の隙間から焼き床部分に熱が上がります。


p2-09.jpg

コの字に耐火レンガをカットして煙突作りです。


p2-08.jpg

コの字に加工された耐火レンガ。
本来ならグラインダーで切り込みを入れタガネで割るのに、
sominのプロ級の技により見事グラインダーのみで加工完了!

ナガコロに通うごとに、熟練度アップ!


p2-06.jpg

焼き床の熱が通る開口部に2個の加工済み耐火レンガを向かい合わせに積んで煙突に。
ドーム部分の基礎となる耐火レンガを並べ、接着する時の印を鉛筆でつけます。
レンガ周りを耐火モルタルで接着。


p2-05.jpg

横から見ると構造が分かりますね?


p2-04b.jpg p2-04a.jpg

煙突のレンガは4段積みます。煙突内部。


p2-03.jpg

窯の入り口のサイズがこれで決まります。
仮置きした4つのレンガが窯の間口になります。
いよいよ!ですが残念ながら、今回の作業はここで時間切れ〜。


p2-02.jpg

次回は石窯作りの最終工程に突入、完成までをお届けします。



p2-01.jpg

番外編/
作業後、お世話になっている小諸のさっちーご両親の別荘で美味しい手料理
をご馳走になりました。

庭にある大きな桃の木には200個近くの桃が!
ナガコロの桃の木も成長が楽しみです。


p2-00.jpg

葡萄の木も順調に育っている模様。
ナガコロにも来春プランターで育成中の苗木10数本を植樹しますよ!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
posted by エマ at 17:55| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 石窯作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

ナガコロ現場便り:6/25〜外壁工事&上下水工事

あっと言う間に8月中旬!
ナガコロでは暑い中、先週石窯の初火入れも成功〜。
石窯で焼くピザの美味しさと言ったら!もう最高です。

最新情報はツイッターの呟きをご覧下さい。
http://twitter.com/nagakolo_style



今日は外壁工事の続きと上下水工事模様をお届けします。

gs19.jpg


【6月25日】天気にも恵まれ定例8時作業開始です。
夜中にデンマーク戦を観戦したので多少寝不足気味ですが、
遅れを取り戻すべく気合いを入れ直し板張り工事のスタートです!


gs18.jpg

スターターとなる小割を丸ノコでカットします。


gs17b.jpg gs17a.jpg

起点となる土台から30mmの地点に墨をさし、水切りをスクリュー釘で
打ちつけます。

右は難しいのコーナーの納め方です。
まずは鉛筆で切り取る部分に印を付けて…。

gs16.jpg

専用のハサミで印を付けた部分をカットします。


gs15.jpg

上手に出来るかかなり不安ですが…。


gs14.jpg

こんな感じにカットして。

gs13.jpg

なんとかコーナーを納めます。

gs12.jpg

素人にしては上出来?まぁ良しとしましょう。


gs11.jpg

水切りを一周通したら、いよいよ下目板のカットです。

下見板とは、各板と少し重ねるように取り付けた横張り板のことです。
使用する杉板は(長さ3.65m、幅18cm 厚さ12mm)合計165枚にもなります。

gs10.jpg

墨線をカットすると言ってもどこを切るかによって5mm近い誤差が
出るので、材料を使用する側に墨をギリギリ残してカットします。


gs09.jpg

木材をカットしたら、あらかじめ下目板を張る位置に墨付けします。
タジマツール(TAJIMA)ピーライン墨つぼジャスト 赤

gs08.jpg

材料のスギ板は幅が18cmあり、各板と3cm重なるので15cm間隔に
墨付けしていきます。

gs07.jpg


gs06b.jpg gs06a.jpg

釘は50mmのステンスクリューを間柱や柱に打ちとめます。
上下2ヶ所に打つと木材の伸縮に伴って割れる可能性もあるので、
下の板と重なった部分に1ヶ所のみ打ちます。

木表と木裏を確認しながら、1枚ずつ墨線に合わせ打っていきます。
ちなみに木裏の方が、樹芯に近くが切断面が盛り上がっています。


gs05.jpg

外壁張りは、目に見えてはっきりと小屋が出来る上がる感じがするので
かなり達成感のある楽しい作業です。


gs04.jpg

のってきたところですが残念ながら時間切れ。
やってみるとここまでは比較的簡単な作業でした。
ただここから先のサッシやドア周りは、スギ板を張る箇所の寸法を測り、
カットしていくので能率も格段と悪くなりそう。


gs03b.jpg gs03a.jpg

遅れ気味だった上下水道工事もプロの手によって工事進行中。
青いキャップの升が上水、白キャップが下水管の升です。

段差はドロップ升を取り付けて勾配を取る為、土嚢(どのう)等で
調整します。


gs02.jpg

これだけ距離があると埋め戻しも苦労しそう〜。


gs01.jpg

水道管に蛇口を取り付け、ナガコロに待望の水が!!

ナガコロ(長和町)の水は、黒曜の水といって地底の黒曜石の間を
絶え間なく湧き出ている真水なのです。
夏でもとても冷たい水が飲めます!ありがたい。


gs00.jpg

ユンボで埋め戻し作業をします。
管から30〜40cmのレベルに目安となるテープを張りひたすら埋めて行きます。


7月に入って仕上がった外壁最終工程と、石窯の仕上げレポいよいよ
次回お届けします!お楽しみに〜。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
posted by エマ at 19:48| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小屋作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。