2010年08月24日

ナガコロ現場便り:6/26〜石窯作り!中編

p2-19.jpg

さて前回は大量の耐火煉瓦を準備して、土台から作り始めた石窯作り続きです。
ナガコロ現場便り:6/20〜石窯作り!前編

【6月26日】先週に引き続きsominと岡ちゃんも駈けつけてくれました。


p2-18.jpg

本当に固まるのか心配だった厚さ3cmの焼き床パネルもカチカチに硬化してたのでひと安心。
耐火性能をもったコンクリートパネルです。
この面でピザやパンを焼きます。


p2-17.jpg

先週に引き続きsominがディスクグラインダーで耐火レンガをカッティング。


p2-16.jpg

焼き床パネルを嵌めこむ耐火レンガ。


p2-15.jpg

その耐火レンガを積むためにアサヒキャスター(耐火モルタル)を水で練ります。


p2-14.jpg

3段分の耐火レンガを積みました。焼き床パネルの受けとなる部分。


p2-13b.jpg p2-13a.jpg

火床からの熱を通すため、焼き床パネルをこのようにカットします。
これが仕切りになり2層式の石窯になります。

ディスクグラインダーを使用してカッティング。


p2-12.jpg

火床の奥部分に耐火レンガを積み、焼き床パネルの補強材とします。


p2-11.jpg

上部に焼き床パネルをのせて、隙間に耐火モルタルを注入して完成です!


p2-10.jpg

火床の内部です。奥の隙間から焼き床部分に熱が上がります。


p2-09.jpg

コの字に耐火レンガをカットして煙突作りです。


p2-08.jpg

コの字に加工された耐火レンガ。
本来ならグラインダーで切り込みを入れタガネで割るのに、
sominのプロ級の技により見事グラインダーのみで加工完了!

ナガコロに通うごとに、熟練度アップ!


p2-06.jpg

焼き床の熱が通る開口部に2個の加工済み耐火レンガを向かい合わせに積んで煙突に。
ドーム部分の基礎となる耐火レンガを並べ、接着する時の印を鉛筆でつけます。
レンガ周りを耐火モルタルで接着。


p2-05.jpg

横から見ると構造が分かりますね?


p2-04b.jpg p2-04a.jpg

煙突のレンガは4段積みます。煙突内部。


p2-03.jpg

窯の入り口のサイズがこれで決まります。
仮置きした4つのレンガが窯の間口になります。
いよいよ!ですが残念ながら、今回の作業はここで時間切れ〜。


p2-02.jpg

次回は石窯作りの最終工程に突入、完成までをお届けします。



p2-01.jpg

番外編/
作業後、お世話になっている小諸のさっちーご両親の別荘で美味しい手料理
をご馳走になりました。

庭にある大きな桃の木には200個近くの桃が!
ナガコロの桃の木も成長が楽しみです。


p2-00.jpg

葡萄の木も順調に育っている模様。
ナガコロにも来春プランターで育成中の苗木10数本を植樹しますよ!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
posted by エマ at 17:55| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 石窯作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160453533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。